安全で負担のない与え方|品質重視!ベビー布団を選ぶ時のポイントを押さえておこう

安全で負担のない与え方

水

飲み物を与える基準

赤ちゃんへの飲み物は、離乳食を始めるまでは基本は母乳やミルクで十分と言われています。しかし、汗をかきやすい状態のときは水分補給のために飲ませた方がいい場合もあります。赤ちゃんに飲ませる飲み物として水を与える場合では、赤ちゃんが飲んでも問題のないものを飲ませてあげることが大切です。このときに水道水をそのまま与えずに、加熱処理させてから冷めたものを与えるのがおすすめです。この理由は消毒に使われるカルキが含まれている可能性もあるため、内臓機能が未発達な赤ちゃんにとっては刺激が強すぎます。作業が少し面倒ですが、赤ちゃんの体を考えると怠るのは心配です。負担なく赤ちゃんに水を与えるには、ミネラルウォーターやウォーターサーバーを利用していくのが便利です。加熱処理をしなくても安全に飲めるようになっているので、手間をかけずに安心して与えられます。

適した飲み物

ミネラルウォーターを与える場合は、マグネシウムやカルシウムを含まない軟水を選んでいく必要があります。これも赤ちゃんに負担のない飲み物となるので、ミネラルウォーターを選ぶときには気を付けるようにしましょう。最近人気のウォーターサーバーは、赤ちゃんでも飲める健康的な水です。必要な分だけその分をすぐに用意できるので、育児を楽にさせてくれます。これと似たような水に、赤ちゃん専用の水がペットボトルで販売されています。スーパーやドラッグストアなどで購入することができ、大量に欲しいときは通販からの購入が便利です。持ち運びも簡単にでき、外出のときに重宝します。少し大きくなった子供でも飲めるので、積極的に飲ませたい飲み物となっています。