安全で負担のない与え方

水

生まれたばかりの赤ちゃんには、母乳やミルクなどの水分だけで十分ですが、離乳食を始める頃には水を与えてもよくなります。しかし、それが赤ちゃんにとって優しい成分であることが前提となるので、加熱処理をする必要性も出てきます。赤ちゃん専用であればそのまま与えられるので、工夫を求めていくのもいい方法です。

View Detail

便利に利用することが可能

乳児

赤ちゃんが生まれると必要なアイテムは沢山あるのに、なかなか買い物に出かけられない場合も多くあります。こんなとき利用されているのが通販サイトの存在です。価格も店頭で購入するよりも安く済むことから利用者が多いのです。

View Detail

品質はきちんと確認を

女性と赤ん坊

使いやすさと安全性が人気

出産を間近にした人にはベビー用品の準備も必要となってきます。ベビー布団の準備もそのうちの一つです。ベビー用の布団は、赤ちゃんの眠りの特徴をふまえた作りになっているため人気があります。ベビーベッドにおきやすいように小さめにできており、赤ちゃんが窒息してしまわないように固めの敷き布団と薄目の掛け布団のセットが多いです。赤ちゃんは汗をよくかくので、清潔が保てるように丸洗いできるようになっている製品も多いです。様々な点で使いやすくなっており、安全性も考えられています。そのため、親と添い寝させるより専用の布団を用意しておくのが現在の主流です。ある程度赤ちゃんが成長してからは、その可愛らしい柄を好むこともあり、そうした意味でもちょっと人気があります。

固めなのが特徴

ベビー用の布団はいくつかの特徴があります。一つ目が敷き布団が堅いということです。これは、寝返りをうつようになった赤ちゃんがうつぶせで寝てしまっても、窒息してしまわないようにするためです。顔が沈み込むような柔らかいものでは鼻と口がふさがってしまうため、赤ちゃんには危険なのです。同様の理由で、掛け布団は薄目で軽いことが多いです。重く分厚いものだと、赤ちゃんの力ではどかせないためです。二つ目が安全性と清潔度が高いということです。赤ちゃんという繊細な存在が使うもののため、素材の質にこだわっているものが多く、オーガニック素材も多く見られます。清潔を保てるように、抗菌使用になっていることも多いです。替えのシーツが多いのも特徴です。

赤ちゃんとの移動に

母と子

ベビーカーの選び方は、生後どれくらいから使いたいか、どういう場面や場所で使いたいか、機能や性能などを考えて選ぶと選びやすいです。ベビーカーによって使える時期が異なり、軽くてコンパクトなバギータイプや通気性に優れたもの、ハイシートのものなど充実しています。

View Detail